8月2日、本日は8月10日分放送の第15回N.E.T Shibuya Music Diverのリハーサル風景の模様をスタッフKがお伝えします。

今回はジープ☆ダミアン・ゆら☆ぴこ、双方遅刻も無く時間通りにリハ現場に到着しました。
まずは台本のチェックから始まり各コーナーのコンセプトの確認になりました。

まずはジープダミアンから
「構成含め内容が全然練られてないよ!」
とお叱りの一言がありリハーサル場所に緊張の空気が走る。

名パーソナリティへの道を着実に歩いている男の一言の重みは違う。
彼の心意気に応える為、スタッフ一同、番組構成のテコ入れから内容の修正を
「ジープ☆ダミアンを漢にする」
この言葉の元、必死にやり遂げた。

そんな感じで番組リハは大きなテコ入れが有り8月10日成功へ向けて栄光の道を進むのであった。。。。

充実した番組リハは終わり怪しいようで怪しくない撮影会がへ突入。。。。

これは一体何の撮影会なのだろう。。。。。

事情を知らないスタッフKはスタッフMへ
「これは何の撮影なんですか?」
と怯えた様子で尋ねる。
スタッフMは
「命が惜しいなら余計な詮索はするな」
と周りに聞かれないように小さな声でそう答えた。

スタッフMの脅迫とも取れる言葉にスタッフKは意気消沈したが好奇心旺盛の塊である彼はどうしても気になる。

様々な感情が渦を巻き彼は葛藤の中、終始撮影会を見守るのであった。

一体何の撮影だったのかスタッフKは知る余地もない。。。。。

何故なら、スタッフKはもう、この世に存在しないのだから。。。。。
※このブログは事実を元にしたフィクションです。
と夏らしく後半はホラー風にしてみました!

一体、何の撮影会だったのでしょうか?

近日中に発表しますのでご期待下さい!!

 

IMG_0970